シュウ ウエムラ「TSUYA ローション」 お試し中

IMG_0555.jpg

ちょっと忙しくしているうちに、ファイターズさんったら泥沼の連敗街道を付き進んでおりますね。
なんて言うか…もうね。結構最近慣れてきた(駄目だよなれたら)
だってもう…慣れるしかないよねぇ。
来季もこんな感じでもやもやしつつ野球見てるのやだなぁ…。

のっけから愚痴スタートですが。
さて。本日も素敵商品お試しさせて頂いてます。
シュウ ウエムラ様に商品をいただき、モニターに参加しています!ありがとうございます。
IMG_0557.jpg

TSUYA ローション Ⅲ(リッチ ジェル タイプ)

シュウ ウエムラ様にはファンデーションでもお世話になりました。
何時もありがとうございます!ファンデーションもお気に入りなので、あわせてご覧いただけると嬉しいですっ。
 シュウ ウエムラ「ザ・ライトバルブ UV コンパクト ファンデーション」お試し中

例えばそれが年齢だったり。降り注ぐ紫外線等外的環境だったり。
諸々の原因で肌は変化していきますよね。
でもね、そう言った事を言い訳にしないで、やっぱり綺麗な肌でいたいって思うのは
当然のことだと思います。
だから助けて!シュウ ウエムラ様!!(笑)

このTSUYAローションシリーズは、
肌が元々持っている『不純物、汚れを綺麗にする力』に着目したローションなんですって。

肌のタイプは人それぞれ。
だからTSUYAローションシリーズは、3種類発売されてます。

IMG_0558.jpg

さっぱりとした使用感がお好みの方向けのⅠ
混合肌の方向けのⅡ

そして、今回お試しさせて頂いています…

IMG_0557.jpg

乾燥肌の方向けのⅢ

3種類もあるから、自分の肌と相談しながら選べるのが嬉しいですね。

そんなに変わらないでしょーっとか思ったら大間違いでした!
付け心地全然違います!
花、一番最初にⅢを使ってみたんですよ。

IMG_0561.jpg

結構とろみのある化粧水ですが、べたつき感が無いのがとっても良い感じ。
でも肌はしっかり潤ってますねー。
香りも凄くいいですよー。
甘いけれど、甘すぎず。すっきりする香りかなー?
しっかり香りが付いていますが、不快感はありません。

一方でⅠとⅡはⅢに比べてさっぱりしてる感じ。
Ⅲと同じのりで傾けたら、とろみが無い分結構出てびっくりしました(笑)

IMG_0556.jpg

今回、専用コットン『シルク スプリーム クリスタライザー 天然シルク&コットン』も
お試しさせて頂いていますが、使うなら絶対このコットンありきで!

IMG_0560.jpg

表面は100%シルク、裏面は100%コットンのダブルサイドのコットン。

これで軽く拭き取っただけで、結構…汚れが取れるんですよね…。
ちゃんと洗ってるのにーーー(笑)

角質ケアしてから、パッティングすると『しっかり潤ってる!』って更に実感できました。

IMG_0559.jpg

今の時期って、湿度が高くて。べたべたするものって絶対敬遠したいので
しっとりタイプってどう!?って思ってたんですが、潤ってるのにべたつかないこれは凄くいい!
夜しっかりケアをして。
結果朝起きた時の肌が絶好調なので、化粧乗りも良いですよー。
しっとり潤い肌。嬉しいですよね。

TSUYA ローション ブランドサイト様は此方から。
化粧水だけじゃなくて、美容液やメイク下地も同じシリーズで発売されてるんですね。
美容液気になるなーー。是非一緒に使ってみたいですね。

あ!ローションのサンプル、プレゼントやってるみたいです(8/7現在)

シュウ ウエムラ様、ありがとうございました!

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

皆川花音+皆川詩音

Author:皆川花音+皆川詩音
北海道に住んでる姉妹です。


花音はファイターズ熱烈応援中!



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン

女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

ブログ広告
ブロコミモニターに参加しています





Twitterボタン
Twitterブログパーツ


最近の記事
カテゴリー
QRコード
QR
お勧めデス
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!

女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

リンク
ブログ内検索
このページのトップへ